• HIDETO

【ポケモンGO】Goロケット団・幹部対策まとめ!

新シャドウ追加!R団のシャドーポケモンが一新したのでまとめと対策!!

7月8日(水)の早朝からフィールド上にGOロケット団の黒い気球が登場!気球をタップすることでしたっぱ・リーダー・サカキと対戦ができるようになった。久しくサカキ様とのバトルはストップしていたが、シャドースイクンを引き連れて再開した。またムサシとコジロウが参戦!アニメにも登場しているニャースの気球にのってゲーム内に登場する。画面上にニャースの気球が現れたらタップをして、バトルをしよう。Goロケット団が再び熱くなっている今、一新したシャドーポケモンの対策が必須!


サカキ対策!

シャドウスイクンが実装され、サカキを倒すことで入手することができるようになった。7月11日よりポケストップで対戦できるサカキからもシャドウスイクンが入手できる。


サカキが出してくるポケモン

対策ポケモン

ペルシアンの通常技が「だましうち」の場合は、かくとうタイプを使用するのがおすすめ。また、ペルシアンはノーマルタイプのため、かくとうタイプの技なら弱点を突くこともできる。かくとうタイプの中でもルカリオであればノーマル、あく技の両方を軽減できる。ルカリオを持っている場合は1匹目の対策として使用するのがおすすめだ。


対策ポケモン

「ニドキング」は「どく、じめん」タイプとなります。1.96倍の二重弱点は存在せず、1.4倍の弱点に【みず】【エスパー】【こおり】【じめん】という4種類の弱点があります。


対策ポケモン

アローラダグトリオは「じめん」タイプなので「みず」「こおり」「くさ」が弱点になります。


対策ポケモン

ガブリアスの弱点は、ドラゴン・フェアリータイプ、さらにこおりタイプが2重弱点です。こおりタイプの強力なアタッカーである、ヒヒダルマ(ガラルの姿)、マンムーやグレイシアが有効です。


対策ポケモン

スイクンはみず単タイプのため、弱点はくさ・でんきタイプの2つ。攻撃種族値が高いポケモンの多いでんきタイプがおすすめ。また、ゲージの消費効率のいい技を覚えるポケモンで対応しよう。


クリフ対策!

クリフが出してくるポケモン

対策ポケモン

エスパータイプ、じめんタイプで弱点を突けるポケモンです。はがね・ひこうなど、どく技を軽減できるタイプはベトベターに弱点を取りにくくなっています。従って、確実に抜群ダメージを与えられるエスパータイプで挑むのが良いでしょう。


対策ポケモン

カイリキーはかくとう単タイプのポケモン。フェアリー、ひこう、エスパーが弱点。エスパーと飛行ポケモンであれば、カイリキーの使用する格闘技3つに耐性を持つので、交代するロスを極力減らせます。


対策ポケモン

オムスターはいわ・みずタイプのポケモンのため、くさタイプの技が2重弱点。また、くさタイプはオムスターの通常技マッドショット・みずでっぽう両方の耐性を持っているぞ。


対策ポケモン

エレキブルはでんき単タイプのポケモン。じめんタイプのポケモンならば弱点を突きつつ、でんき技を軽減できる。ただし、エレキブルはゲージ技でれいとうパンチを覚えるため、ポケモンによっては弱点を突かれることがある。


対策ポケモン

バンギラスの弱点はかくとう・みず・くさ・じめん・むし・はがね・フェアリーの7つ。さらにかくとうタイプは2重弱点となっている。


対策ポケモン

ラグラージのタイプはみず/じめんタイプで、くさタイプが唯一の弱点かつ2重弱点となっている。そのため、くさタイプで対策するのがおすすめだ。くさ単タイプだとどく技で弱点を突かれるので気をつけよう。


対策ポケモン

ドダイトスはくさ・じめんタイプのポケモンのため、こおりタイプが2重弱点になっている。フリーザーはこおり・ひこうタイプのため、くさ技の耐性も持っているのでおすすめだ。


シエラ対策!

シエラが出してくるポケモン

対策ポケモン

抜群を取れるのは「かくとう」「くさ」「でんき」「いわ」の4種類。ラプラスは「こおり技」と「みず技」を使う可能性があるため、対策には弱点を突かれない「かくとう」「でんき」を置きましょう。


対策ポケモン

ナッシーはエスパーとくさタイプの通常技を使用する。どちらのタイプも軽減できるはがねタイプのポケモンががおすすめだ。ナッシーはくさ・エスパータイプのポケモンなので、むし技が2重赤点となっている。ハッサムやカイロスなど、ゲージ技を早く使えるポケモンを使おう。


対策ポケモン

サメハダーは攻撃が高く、1回の通常技のダメージが大きい。あく技の耐性があるかくとう・あく・フェアリー、みず技の耐性があるほのお・じめん・いわタイプのポケモンを使おう。


対策ポケモン

ダーテングはくさ/あくタイプのポケモンなので、むしタイプ技で2重弱点を突くことが可能。大きくダメージを与えられるため、有利に戦うことができる。


対策ポケモン

ヘルガーの対策方法は、かくとうかいわタイプがおすすめ。1体目、2体目と弱点が同じ場合が多く、対策がしやすい。


対策ポケモン

フーディンはエスパータイプの通常技しか使ってこない。耐性のあるはがね・あくタイプを使ってフーディンと戦おう。あくタイプのダークライはエスパータイプの耐性を持ち、かつフーディンの弱点をつくことができるのでおすすめだ。


アルロ対策!

アルロが出してくるポケモン

対策ポケモン

クヌギダマはむしタイプなので、ほのお・ひこう・いわタイプが弱点。シールドを2枚必ず使用してくるため、エネルギー消費の少ないゲージ技を覚えたポケモンを使おう。


対策ポケモン

リザードンの対策は、2重弱点を突けるいわタイプのポケモンで対策しよう。リザードンのほのお技も軽減できるため、安定して戦うことができる。


対策ポケモン

カメックスはみず単タイプのポケモン。弱点はでんき、くさタイプの2種類のみなので、このどちらかのタイプで対策をしよう。カメックスはゲージ技でれいとうビームを覚える。くさタイプで対策していた場合、れいとうビームを打たれてしまうとすぐにやられてしまうこともある。


対策ポケモン

ハガネールはじめん/はがねタイプのポケモン。ほのお、みず、かくとう、じめんタイプで弱点を突ける。しかし、ハガネールは通常技ででんきタイプ技を、ゲージでじめんタイプ技を使うので、ほのおとみずタイプは弱点を突かれる場合がある。


対策ポケモン

カイリューはドラゴンタイプなので、ドラゴンタイプ技でも弱点を突ける。こちらもドラゴンだと弱点を突かれるが、はがねを持っているディアルガであれば、ドラゴン技を等倍にできる。一方的に弱点を突けるので、安定して戦える。カイリューはドラゴン/ひこうタイプのポケモン。2重弱点を突けるこおりタイプで対策するといい。


対策ポケモン

ハッサムはむし/はがねタイプのポケモンなので、ほのおタイプで2重弱点を突ける。ほのおタイプの中でも、ゲージ技が使いやすいポケモンで対策しよう。


対策ポケモン

ボーマンダはドラゴン/ひこうタイプのため、ドラゴン、フェアリー、こおりタイプが弱点。ボーマンダは通常技でほのおタイプ技を使うので、こおりタイプだと弱点を突かれることがある。ドラゴンタイプかフェアリータイプで対策しよう。


ムサシ対策!

ムサシが出してくるポケモン

対策ポケモン

アーボはどくタイプ単体のポケモンのため、じめん、エスパータイプで攻めるのがおすすめです。


対策ポケモン

ストライクは、いわ技がW弱点。むし技も軽減できるので、いわタイプのポケモンで攻めるのがおすすめです。いわタイプのポケモンを持っていない場合は、ブースターなどのほのおポケモンで対戦しましょう。


対策ポケモン

ドラゴン、こおり、フェアリーが弱点。


コジロウ対策!

コジロウが出してくるポケモン

対策ポケモン

エスパー・地面タイプなどが弱点。


対策ポケモン

ニューラは弱点が6つとかなり多い。かくとうが二重弱点なのでかくとうタイプで攻めれば間違いない。その他ほのお、むし、いわ、はがね、フェアリーも弱点となる。


対策ポケモン

ダンバルが使う技はノーマルタイプのみ。そしてダンバルの弱点であるゴーストタイプは、ノーマルタイプに二重耐性を持つので全くダメージを受けません。


14回の閲覧
© 2020 DELIGHT DESIGN All Rights Reserved .
  • Facebook ホワイトアイコン
  • Twitter ホワイトアイコン
  • Instagram ホワイトアイコン