• HIDETO

【GOバトルリーグ】プレミアムカップ初手徹底調査と考察!

初手が重要になるGoバトルリーグ、初手の傾向を徹底調査!!

PvP対戦では「最初が不利対面になるとほぼ負け決定」と言われています。上手くバトルすることで終盤に逆転できる可能性は当然ありますが、初手でフリだと当然ポケモンを変えます。そうすると当然相手もその変更したポケモンに有利なポケモンに変えてくるといった風に全てが後手に回ってしまいます。それだけ重要な初手を分析することがPvPを制することに繫がるはずです。


この後、21位カバルドン0.3%、22位リザードン0.3%、23位ミロカロス0.2%、24位シャワーズ0.2%、25位オノノクス0.2%以下26位からは0.1%と極めて少なく、ベスト10までで大体の人の初手が構成されている。さらにその中でもベスト5までのポケモンの採用率は高く、ここら辺のポケモンの対策ポケモンは裏に必ず持っておくべきと言えるだろう。


カイリュー

対面有利となる主なポケモン

対面不利となる主なポケモン

「カイリュー」の覚える高威力のノーマルアタック「りゅうのいぶき」とゲージが低い「ドラゴンクロー」の構成が非常に強力です。 「ドラゴン」技に耐性がある「はがね」ポケモンには有効となりませんが、それでも高威力の「りゅうせいぐん」であればかなりのダメージが入ります!

ただしドラゴン技に2重耐性を持つトゲキッスには圧倒的不利となるため要注意です。


メタグロス

対面有利となる主なポケモン

対面不利となる主なポケモン

「メタグロス」はステータス(種族値)が非常に高いことに加え、覚える特別限定技「コメットパンチ」が非常に強力です。 「はがね」にタイプ耐性のある「みず」ポケモンあたりにもそれなりのダメージを与えることができますが、「エンペルト」は「はがね2重耐性」を持つため要注意です。プレミアカップでよく選出される「ドラゴン」タイプのポケモンや「トゲキッス」の技にも耐性があるため、活躍の幅が広い最強の一角となるポケモンです!


トゲキッス

対面有利となる主なポケモン

対面不利となる主なポケモン

弱点を突ける「ドラゴン・かくとう」ポケモンに対して圧倒できることに加え、タイプ耐性のない「はがね」ポケモン以外であれば多くのポケモンと互角のバトルができます!


ジバコイル

対面有利となる主なポケモン

対面不利となる主なポケモン

「ジバコイル」は強力な「でんき」技と「はがね」タイプを持つことによるタイプ耐性の多さが魅力的。「でんき」技はカイリューやトゲキッスの「ひこう」ポケモンに有効ですが「ワイルドボルト」は撃つと100%の確率で自分の防御2段階ダウンとなる。


ギャラドス

対面有利となる主なポケモン

対面不利となる主なポケモン

「ギャラドス」は弱点タイプが「でんき・いわ」のみ。防御・HPステータスも高いため防御面は優秀です。 さらにタイプ不一致とはなりますが「あく」技である「かみくだく」の有効範囲が広く、互角近くバトルできるポケモンが多く使いやすいポケモンの1体。


絶対は存在しないのです。だからこそ面白いんです。そこで思うのは、裏の存在。初手が大事なのは変わらないのですが、絶対出し負けはある程度の確率で起きます。その際、対するポケモンに有利なポケモンを出しがちですがそうすると絶対に相手はそのポケモンに有利なポケモンと交替してきます。結局意味がないので、そこでどれだけ耐久力を持つポケモンを出せるか。ということで耐久力上位ポケモンをパーティーに置くことは必須です。


13回の閲覧
© 2020 DELIGHT DESIGN All Rights Reserved .
  • Facebook ホワイトアイコン
  • Twitter ホワイトアイコン
  • Instagram ホワイトアイコン